蝉は、やがて死ぬる午後に気づいた。ああ、私たち、もっと仕合せになってよかったのだ。:2020年01月06日分

2020/01/06(Mon)

[Windows] 続・Windows 8/8.1/10でのマルチメディアカードリーダーの挙動が変

Windows 7のサポート終了問題、認知症老人が入院した事で時間と心の余裕が生まれたので(退院後はもう考えたくもない)、期限ギリギリではあるけど家族PCを今更のWindows 8.1(サポートコスト減らすために少しでも枯れた環境にしたい)に更新せなアカン。

いくつか移行に関してブロッカーが存在したのだけど、そのうちのひとつが去年の4月に書いた この記事の通り、複数の Buffalo製カードリーダー/ライターでトラブルを抱えてたのだ。

要はSDカードなどのドライブを選択し右クリックメニューから「 鶏出汁取り出し」を実行しても、書込同期とマウント解除するのではなくカードリーダー自身の「安全な取り外し」が実行されてしまい、ケーブル抜き差しでもせんとカードリーダーが再認識しないようになってしまうのだ。

んで結局のところこれはWindows7→8で標準ドライバ(usbstor.sys - USB 大容量記憶装置)が腐ってもうたとしか思えん上に、あいつらanswers.microsoft.comあたりでもこのトラブルに関する質問全て無回答で押し通しとるので直す気は無いようであるクソが。

なのでWindows7のusbstor.{inf,sys}をブッコ抜いてinf書換えて別名でブチ込むかなぁなどと考えているところ、また試した結果は記事にする予定。

まぁ他にも蟹のマークで有名かつ一部のドライバ屋にはトラウマ製造機らしいRealtek社が Card reader driver for XP,Vista,Win7,Win8,Win8.1,Win10という対応済ドライバを提供しててこれインストールしても回避できるようだ、やるじゃないRealtek世界最高のベンダだね(ニッコリ)。 ただ別メーカーの製品に流用するのはEURA的にグレーなのでワイ的には避けたい選択肢ではある。

なおこちらの方法の場合、Buffalo(USB\VID_0411&PID_XXXX)とRealtek(USB\VID_0BDA&PID_XXXX)ではハードウェアIDが異なるので当然ながらプラグアンドプレイではインストールできない、なのでドライバの更新で「互換性のあるハードウェアを表示」のチェックを外して無理矢理入れる必要がある事に注意、そしてもちろんAT YOUR OWN RISKだかんね。

ということでBuffaloはんはこの問題についてお茶を濁しっぱなしにするのではなく対策ドライバを自社で出さんとあかんとちゃいますか。

(追記) よく考えるとWindows 7からブッコ抜いたusbstor.sysってバイナリだけ名前変えてWindows 8.1/10のものと共存できるようにしても、読みに行くレジストリやらなんやらは同じになってしまうから厳しいかもしれんなぁ。 廃止されたSCSIドライバの場合はそういう問題は無いのでブッコ抜きでも良かったんだけど。