Not only is the Internet dead, it's starting to smell really bad.:2018年10月20日分

2018/10/20(Sat)

[写真] Nikon COOLSCAN V(LS-50)/SA-21(ストリップフィルムアダプタ) + VueScanで正常にフィルムが読み込めないバグ

表題の組み合わせでフィルムをスキャンしてると、フィルムを差込んでローディングするところまでは正常なんだけど、プレビューやスキャンを実行するとフロントランプが点滅してフィルムを吐き出してしまう、あるいはスキャナがハングアップして電源を入れ直さないとフィルムを取り出せなくなる現象がたまに発生するのよね。

おそらくSA-21あるいはSA-30(ロールフイルムアダプタ)を使うCOOLSCAN IVおよびV(LS-40/4000およびLS-50/5000)だけの問題ではなく、旧型のSA-20を使うCOOLSCAN III(LS-30/2000)も同じ問題が発生すると思う(同機種手元にあるけど動かすのめんどくさいので未検証)。

まぁFH-2(ストリップフィルムホルダー)とMA-21(スライドマウントアダプタ)の組み合わせで、COOLSCAN II以前と同じ手順でスキャンすることで回避可能ではあるんだけど、COOLSCAN IV以降の機種にはこれ標準添付されてなかった上にもはや入手困難で中古でも結構なお値段するし、そもそもフィルムが抜けなくなったりすると貴重な機械と大切なフィルムを壊してしまいそうでアレよね。

でだ、読み込めるフィルムと読み込めないフィルムをしばし見比べて原因がわかってしまった、これフィルムのパーフォレーション(コマ送り用のギアが噛む小さい穴の列)に

というイレギュラーがある場合をVueScanは考慮してなくてバグってるんですわこれ。

ということで回避方法としては

とする、ですな。

Nikon純正ソフトの Nikon Scan 4では問題なく読み込めてるようなので、VueScanにも対策して欲しいところだよなーこれ、またバグレポ書きますかね…