蝉は、やがて死ぬる午後に気づいた。ああ、私たち、もっと仕合せになってよかったのだ。:2018年04月分

2018/04/02(Mon)

[音楽] Bill Evans/You Must Believe In Spring (Amazon Prime Musicで聴く名盤 その1)

今回はBill Evansの死後にリリースされた追悼盤というべきアルバム「 You Must Believe In Spring(また巡り会う春)」、ちょうど春だしね。

You Must Believe in Spring - Bill Evans.jpg
By Source, Fair use, Link

どうにもAmazon Prime Musicのプレイリストの埋め込みが正常にできないので視聴は こちら

@You Must Believe In Spring

アルバムタイトルの2曲目は映画「 Les demoiselles de Rochefort(ロシュフォールの恋人たち)」の挿入歌、Tony Bennettとのアルバム「 Together Again」でも取り上げている。

冬の寒さに耐え忍んでいる時、春は待ち遠しい季節ではある。しかしある人とっては春とは地獄の季節だったりもする、例えば花粉症の人とかね。

自分はここ数年まったく春のスギ花粉アレルギー症状が出ていない、数年前に長いこと医者通いして慢性的な消化器系の病気を治療した副産物なのか理由は判らないけれども。

花粉症とお別れしたことで春はとても楽しい季節になった、外に出れば沈丁花の甘い香りで満ちているのを感じることができるしこの先ツツジや藤の香りも漂ってくるだろう。

それでも今年の春は例年に比べて飛散量多いようで、眼や喉の奥を掻き毟りたくなる瞬間を感じることも数度はあった、もはや懐かしいという感覚ですらある。

自分はアレグラはどうにも効かない体質だったようで、症状が酷かった頃はパブロン鼻炎カプセルをガブ飲みしてたんだけどあれ結構な量の無水カフェイン入ってるんで、頭はフラつき常時熱っぽくなるし何よりぶっ壊れてた消化器系に与えるダメージが半端ない。

かつてストレスしかない職場にいた頃、H2ブロッカー胃腸薬をキメて胃の血管が切れた痛みを誤魔化しながら、血圧低下からくる悪寒に襲われても翌日にやってくる高熱に備えてロキソニンをチャンポンするような日々であったものである。 穿孔で中身漏れて死んだらしゃーないと自嘲気味に「ビル・エヴァンス健康法」と呼んでいた。

@Theme From M*A*S*H (Aka Suicide Is Painless)

彼は長年の麻薬常習から肝硬変を患い出血性潰瘍で死ぬ前日まで周囲に懇願されても病院で治療を受けようとはしなかった、それは「緩慢なる自殺」と評されているほどだ。

死の数年前からライブでは繰り返しコメディ映画「 MASH」の陰鬱な主題歌「 Suicide Is Painless(もしも、あの世にゆけたら)」のジャズアレンジを演奏し、死が近づくほどに演奏は荒々しくそして刹那的な美しさを帯びていった。

このアルバムの7曲目は同曲のスタジオ録音であり、彼がレパートリーに入れてからそれほど時間の経っていない初期の頃の演奏でまだ荒々さとは無縁である。

しかし死の直前である1979年ドイツのTreffpunkt Jazz Festivalで行われた演奏となると、曲が中盤にさしかかる頃には原曲のメロディを崩しドラムのテンポを無視したコードの連打で、そこらのロックバンドすら顔負けの疾走感すらある。

このバージョンが一番好きなんだけど、公式リリースされておらずラジオ放送用のオンボード録音がブートレグとして売られてるだけなのがとても残念。

そして同曲の最晩年のライブ映像、病気の影響でパンパンに腫れあがった指はもつれ彼とは信じ難いほどミスタッチを連発している。

しかしそれでもなお美しい。

@B Minor Waltz (For Ellaine)

彼はなぜ「緩慢な自殺」を選んだのか、1973年に鉄道自殺を遂げた前妻のEllaine Schultzに対する罪の意識などという解説をよくみかけるんだけど、これは彼を美化し過ぎな気がしないでもない。

1975年のアルバム「Intuition」では彼女に「Hi-Lili, Hi-Lo」という曲を捧げている。 これは映画「 Lili」の挿入歌をジャズアレンジしたもの。

Liliという少女が手品師Marcとの失恋とサーカスの仕事をクビになったショックで絶望し、テントの天井から身を投げようと梯子を登りはじめた所を、人形遣いPaulが止めようとするシーンでこの曲は流れる。

もちろん彼がこの曲を選んだのは映画と同じように彼女が自殺を思い止まってくれたならという思いはあるのだろうけど、そもそもEllaineが地下鉄に身を投じたのはBillの浮気と彼女の不妊を理由にした一方的な離縁が原因だった。

LiliがEllaineであるならBillは彼女を助けたPaulではなく裏切ったMarcでしかないわけで、なんともまぁ皮肉な選曲としか言いようがない。

そして1曲目「B Minor Waltz (For Ellaine)」は再び彼女に捧げられた自作曲だけれども、「ロ短調ワルツ (Ellaineのために)」というタイトルからは何の情報も読み取れない。 彼のアイコンとなっている厳しいポートレイト写真のように口を堅く閉じ、後は音楽に訊ねてくれといわんばかりである。

彼女はニューヨークの地下鉄レキシントン通り線96丁目駅で列車に飛び込んだという、彼が一番気に入っていた服に身を包んで。

@We Will Meet Again (For Harry)

Stanley Kubrickの映画「 Dr. Storangelove(博士の異常な愛情)」のエンディングで有名な曲とよく似たタイトルだけれども、これはまったく別の曲でBill作曲のもの。

BillがEllaineの自殺を知った時、パニックになりながら電話をかけたのは幼少の頃から頼りにしていた兄のHarryだという。

しかし彼もEllaineと同じように自殺を遂げてしまった、そしてBillは彼に捧げるアルバム「 We Will Meet Again(また会いましょう)」を発表した。

Wewillmeetagain.jpg
By Source, Fair use, Link

多くの人が勘違いしているけれども、Harryに捧げた同曲の録音は「We Will~」でなく「You Must~」に収録されたものが先であり、この1977年の時点ではまだHarryの自殺は予見できなかった。 なので「また会いましょう」とは決して「また(あの世で)会いましょう」の意味ではなく、BillがHarryの後追いで「緩慢な自殺」を図ったわけではない。

彼の生前最後のアルバムとなった「I Will Say Goodbye」、これも遺書めいたタイトルで先の勘違いを助長するものなのだけれど、これも録音は1977年であって長らくリリースされなかったものだ。

Iwillsaygoodbye.jpg
By Source, Fair use, Link

じき1980年代に差しかかろうとする時期にもはや彼のような古いスタイルのジャズは誰にも省みられず終わってしまった音楽ジャンルであった(時代はジャズファンクやフュージョンだった)、このアルバムもお蔵入りで彼の死がなければ発表されることも無かったであろう。

Harryもまた優れたジャズピアニストだった、彼は安定した音楽教師としての道を選んだけれども、わずかではあるが残されている彼の演奏を聴けば明らかだ。

彼の残したアルバム2枚分相当の録音は、彼の息子のサイトで無料で聴く事ができる。

しかしHarryは昼の音楽教師と夜のジャズピアニストとしての二重生活の負担から精神を病んでしまう。

春が地獄の季節なのは花粉症の人だけじゃない、木の芽時はというくらいで精神を病んだ人にとっては不安定になりがちな時期でもある。 統合失調症に苦しんだHarryは1979年の春に拳銃自殺を遂げてしまう。

HarryはBillの目指したものより大衆的なジャズも好んで聴いたという、ジャズではなくイージーリスニングと叩かれる事も多いAhmad Jamalなんかもお気に入りだったという。

そしてArmad Jamalも「Theme From M*A*S*H (Suicide Is Painless)」を幾度と無く演奏している、これは1973年のアルバム「Jamerica」に収録されているもの。

おそらくBillがこの曲を取り上げたのは、Harryの影響だったのではないかと思う。

@Sometime Ago

6曲目はアルゼンチンのピアノ奏者Sergio Mihanovichの曲で、Sergio Mendesのカバーなんかが有名。

原曲の歌詞を読むと、Billが感じていた閉塞感がみえてくるような気がする。

遠い昔の話だけど、自分には夢があった
それはとても幸せなことで、永遠に続くと思っていた
何者にも束縛されなかった

今となっては、さっぱり判らない
どうしたら追いかけていた夢を、どうやって生きていくための糧とできるのか

彼が「緩慢なる自殺」に走らざるをえなかったのは元妻や実兄の後追いというより、生涯を賭けたジャズという音楽が終焉を迎えようとしている中で、他にどうしようもなかったからなのだと思う。

前述の通りレコーディングはすれどお蔵入りになるアルバムも多く、健康を害しながらのライブ演奏での日銭稼ぎには限界もあった。 大部分はドラッグへの浪費という自業自得な原因ではあるんだけれども、経済的に困窮してしばしば金銭トラブルもあったという。

今は冬の寒さに耐え忍ぶ時、また春がやってくるという希望を彼は持ち続けることができたのだろうか?

2018/04/04(Wed)

[セキュリティ] Google Account

あぶねぇ

どっかでうっかりパスワード使い回してて漏れたのかな…

[やきう] 横浜×阪神

な?

やきうってのは点を獲るゲームなんですわ、いくら守備固めても勝てないのよな。

2018/04/05(Thu)

[やきう] 大谷2試合連続ホームラン

「大谷はしょせん1Aレベル」とオープン戦だけで大騒ぎしてたMLBやきう民、テノヒラクルーですこと。

なおねじ切れた両手首は北大西洋を渡り、イギリスのケント州西岸に大量に漂着したようです。

[やきう] セ・リーグ順位

しっかし見事にチームカラーが分光スペクトルな並びやね、このままシーズン順位になりそうやな。

  1. 広島(赤)
  2. 読売(橙)
  3. 阪神(黄)
  4. 東京(緑)
  5. 横浜(青)
  6. 中日(藍)

しかし横浜はチーム打率1割台、去年のロッテ級つーか全員ロマックになったかのようなクソ打線やのう。シーズン前にワイが村田獲れと言った通りの結果になりつつある。

ちなロマックのKBOでの今年の成績は

打率.455(22-10) 4HR 9打点 OPS1.571

そろそろロマック待望論が出るな。

2018/04/06(Fri)

[セキュリティ] 安全なパスワード認証

先日のGoogle Accountでパスワード認証を突破されて二段階認証を設定しなければ死んでた件、過去メール漁ったらMySpaceが2016年に流出やらかしてるお知らせを発見して、ソレがアレやった可能性が微粒子レベルで存在、ってもパスワードの使い回しはしてないはずなんだが。

ワイはサービスごとにmkpasswd的なコマンドでランダムなものを生成、管理はパスワードマネージャーってのやってないのよね、どうにもパラノイアなので信用できるパスワードマネージャーをってのをどうやって選べばいいのか判らんのよ。

なのでここ10年くらい「覚え易いけど攻撃者には攻略しづらいパスワード」つーことで

という方法をとってたんですわ、まぁパスワード長や文字種に制限のある頭の悪いサービスには使いづらいんだけどね…

でも最近この方法をワイだけでなくセキュリティ専門家なんかも推奨するようになったのね、例えば この記事とか。

ちゅーことで攻撃者の方も複数の単語を組み合わせた辞書攻撃をはじめたりしたんですかね、うーんワイも次の段階へ進まないと…

もちろんYubiKeyみたいなUSBトークンも考えたんだけど、安全な業者から安価に買う方法よくわかんねぇんだよな、Amazonポチとかまずマーケットプレイスとか配送業者とか一切信用ならんからね(パラノイア)。

まぁそれよりも先に、クラッカーにアカウントが悪用され全財産ロストして首吊る羽目になる悪夢にうなされて夜も朝までしか眠れないので、使ってないサービスは一通り消しとくべきよね。

ちゅーことで過去メール漁りながら長らく使ってないサービスのアカウントを爆破する作業してるんだけど、退会すんなりいかないクソサービス多過ぎですねホント(しろめ)。

サービス側の作りで退会フォームが無いなんてのばっかやし、更にはしばらく前にうっかりミス(index.html置き忘れ)で規約違反でBANされたXREAのおまけメアドで登録してたやつや、番号ポータビリティ制度なにそれ時代のケータイ番号で登録してたやつとか、さらに事をめんどくさくしていてもう嫌になる。

やっぱりインターネットはクソですわ(極論)。

2018/04/07(Sat)

[スポーツ] F1 第2戦 バーレーンGP 予選

この展開を開幕戦に期待していた(ゲス顔)

2018/04/09(Mon)

[Android] LineageOS 炎上す

Google公式サポートがとっくに切れたNexus5、結局はLineageOS入れて延命中なんですが、そのLineageOS公式がアホやらかして炎上したのでもう捨てたい。

自分で記事書こうかと思ったけど、スクショ撮る前にバックアップ戻しちゃったのでリンク集だけ。

やっぱカスROMとか使ってらんねぇなこれ、開発者の民度低杉だわ。

自分がかつて参加した某オープンソースOSも四月馬鹿の風習はあったけど、あくまで開発者の内輪だけのジョークとして偽コミットログメッセージ流すだけだったと記憶してる。

この炎上の救い難いところは

というあたりもあるんだけど、そももそもそういうレベルじゃないんだよな。

そんでカスROMに危険性があると啓蒙したかったとかいうクソみたいな言い訳で逃げるあたりも悪質なのである。

もしかすると先日のワイのGoogle Accountへの攻撃元もこいつらなのでは?とか考えちゃうしね、元々カスROM信用してないので二段階認証のPIN生成アプリなんかはこっちに絶対に入れないようにしてたので救われた可能性。

2018/04/10(Tue)

[Android] 続・LineageOS

昨日書いた記事の件、 公式が謝罪したな。

ただこれ去年もつまらん ジョークやって混乱させた前科あっての再犯の上、謝罪文にも来年はもっと上手くやるよとか頭パッパラパーな事書いてやがるので、そもそも何を咎められたのか判ってないなこれ。

それとこの件は日本であまり話題になっとらんけど、どうも掲示板とかの反応とかみるに「英語読めないから放置してる」という層が多いようね、こわいこわい。

2018/04/15(Sun)

[スポーツ] F1GP第3戦 中国

F1ファンのトロロッソへの評価が ヤンカスのように手首高速回転して草草草

開幕戦「ホンダ、トロロッソを破滅させる」
第二戦「最強エンジンの復活、ホンダ第二期の帰還」「レッドブルジュニアチーム最高のドライバー」
第三戦「タキ井上(*)が運転した」

(*) 井出の方がいいかな?

それにしてもハートレーは二戦連続でバードストライク喰らうわ同僚のガスリーと接触するわ呪われてんな、HALOに成田山のお守りぶら下げておいたほうがええぞ

2018/04/20(Fri)

[音楽] Record Store Day

レコードストアデイだったのでちょっとレコード屋巡りしてきて知ったのだけど、今年もレコードストアデイのスペシャルリリースにDavid Bowieの未発表ライブ音源、 Isolar II Tour - London '78のアナログ盤が出てるのね。

THREE BOWIE DISCS FOR RSD 2018 - “Getting some skin exposure to the blackout...” - Parlophone will be issuing the following three limited edition David Bowie discs for Record Store Day on April 21st. - ~ Welcome To The Blackout (Live London '78) - 3 x LP unreleased live set ~ Let’s Dance (Full-length) - 12” single featuring full length version of the demo and live version ~ Bowie Now - White vinyl LP issue of US promo only compilation with new interior artwork - Go here for more: http://smarturl.it/3DBdiscsRSD2018BNet - #BowieRSD #RSD2018 #BowieVinyl #BowieBlackout #BowieLetsDance #BowieNow

A post shared by David Bowie (@davidbowie) on

一昨年も同様に別の未発表ライブ音源( Diamond Dogs Tour - Los Angeles '74)がリリースされてて、評判よくて去年「 Cracked Actor(Live Los Angeles '74)」として改めて公式CD化もされたんだけど、亡くなった事でBowieの新作が出ないのが悲しいのでどんどん残ってる音源はリリースして欲しいよね。

まぁどっちも既に別の公演日の録音が

としてそれぞれ発表されてるからセットリスト自体は目新しいものでは無いんだけどねぇ。

つーか録音残ってればThe Soul/Philly Dogs Tourで Willie Weeks( Donny Hathaway/Liveで超絶なベース弾いてる天才)が参加している公演をぜひ音源化してほしいんだよなぁ、ブートレグとしても存在してるんだろうかアレ。

2018/04/21(Sat)

[音楽] Avicii/Wake Me Up

EDMで最も有名なDJのひとりであろう Aviciiが急死なんてニュースが。ギリギリ27クラブを免れはしたものの28歳とは若すぎるよなぁ、2016年にツアー活動停止したのも酒で肝臓やられての健康問題だったんやねぇ。

横浜の誇るセットアッパー三上 #35の入場曲「Wake Me Up」も彼の曲であった。

AVICIIならぬ「DAVINCII」という、DJってステージで何やってんの暇でしょなというネタを取りあげたパロディビデオには死ぬほど笑わせてもらった

まぁEDMも近頃はオタク層までクラブでアニソンをEDM Remixしてアゲアゲする時代なのだけど、バブル時代にカッペのリーマンどもがジャアアアップの体型に全く合っていないイタカジ着ては誘蛾灯に引き寄せられるかのようにウォーターフロント(死語)という名のゴミ埋立地のはずれにあるディスコ(死語)に集いジョンロビンソーンと叫んだりする地獄のような時代が帰ってきた感あるよね…まぁ盆踊り好きだし日本人…

ワイはフロアの熱狂よりチルアウトルームの静寂の方が好きなので以下略

2018/04/22(Sun)

[自宅システム管理] NETGEAR R6300v2

我が家の無線LANルーターは数年前に買った NETGEAR R6300v2なんだけど、そもそも当時この機種を選んだ理由が↓なのよね。

もちろんNASは専用機が別にあるけども、電気代とか火災の懸念とかで常時電源入れとくのは無線LANルータだけにとどめたいという。

でも買ってから気づいたんだけども、ファイルシステムとしてexFATを認識しないのよねこいつ。 マニュアルにはWindows環境ならFAT32かNTFSを使えとあるんだけど、前者は4GBの壁とかあるし、後者はしょせん中身Linux + FUSE NTFS-3Gなのでジャーナリングの実装不完全だから簡単にファイルシステム壊れるので実用に耐えないんですわ。

これ exFATなFUSE実装もあるにはあるんだけど、マイクロソフトが知財を主張して ライセンス契約しろよゆうてるから回避したんやろうな。 安定して使いたいならLinuxネイティブなext4でも使えってことだけども、Windows環境じゃ不便極まりないよね…

じゃあexFAT使える別の機種に買い換えるかっても、どうもこれNETGEARに限った話でなくNECやBuffaloにASUSそして福岡大の敵ことTP-Linkも同じで全滅っぽいのよね。 どこのメーカーもコスト競争でシブチンなのかそれともマイクロソフトの要求するパテント料が莫大なのか…

それに新しい無線LANルーター買うってのも、 11ax規格の実機がそろそろなので今は買うな時期が悪いというのもある。当分ワイに買える値段じゃない気がしないでもないが。

じゃあ貧乏人らしくおとなしく自己責任でexFATなFUSEを使う為にファームウェアを DD-WRTOpenWRTに入替えるかってーと、先日の LineageOSのトラブルもあって、素性のよーわからん開発者が移植したバイナリ配布を拾い喰いするのはもう止めにしませんか感が。

それに公式サポートの切れたNexus5とは違って、R6300v2にはまだアップデート降ってくるからBrickなってもええやんの精神がまだ発揮しにくいというのもある。

そんで適当に2~3分ほど検索エンジンと戯れた結果、公式のfirmwareは Common Firmware EnvironmentSquashFSあたりの技術を使ってるようなんで、そこ調べればバラしてFUSE exFATモジュール組み込んで再パッケージするくらいはできそうな気がするのよな。

どうせそのへん詳しい人がツールくらい作ってるだろうと思ったけど bcmImageEditorなんてのを見つけたので、そのうちコード読んでみるかね…

2018/04/24(Tue)

[自宅システム管理] 続・NETGEAR R6300v2

よく考えたら中身LinuxだからGPLに従ってファームウェアのソース公開されてるんよね。
NETGEAR Open Source Code for Programmers (GPL)

しかもビルド方法とイメージ(*.chk)作成方法のメモ入ってるし、いちいちfirmwareをバラすツール *1と戯れる必要も無くクロス環境用意すればFUSE exFAT組込むくらいはできそうよね。

でも純正firmware書き換えたら技適アウトの可能性が高いので別荘暮らしも覚悟せんとならんからなぁ、たかがexFAT使いたいだけで冒せるリスクじゃないよな…

後継機のR7000あたりだと CVE-2016-6277のOSコマンドインジェクションの脆弱性を使ってexFATモジュールをダウンロードしてくるとかできそうよね、でもこのR6300v2はこの脆弱性の影響を受けなかったのだ。

*1:昨日リンク貼ったpython scriptはなんか別物のようでfirmware喰わせてたらそんなmagic知らないと怒られた。

2018/04/25(Wed)

[映画] HBO/Band Of Brothers + The Pacific

Amazon Prime Videoであのアカデミー賞を総舐めした Saving Private Ryanのスタッフが作り上げた大傑作 Band Of BrothersThe Pacificが観れるようになっとるな、まだ未視聴の人はこのGWにでも時間作っていいから観やがれ。

The Pacificは当初の構想だと沖縄戦の後にがっつり広島長崎の原爆投下についてのエピソードが入る予定だったんだけど、最終的に削られてしまったのが残念やね…

[やきう] 3連敗

京山くん燃えて月間MVPは無理やね、よりによって新潟で負けた巨人山口俊に持ってかれそうで草不可避。

この連敗は投手も野手も出遅れ組を一軍に上げて歯車狂うパターンやね、神里を1番に置いて足を使って点取るパターンが奇跡的に上手くいってたんだし、梶谷は神里がまったく出塁できなくなるまで上げなくてよかったんよな。 そもそも梶谷はスペックだけなら神里の完全上位互換だけど、打順1番を本人嫌がって7番フリースインガーで三振の山に時々ホームランという使いどころ困る選手になってたわけで、今年もそっからモデルチェンジできとらん感じやし。 神里のエラーについては元々下馬評が守備下園だったしワイはあまり気にしていないかな、というかレフト守備の時点でじゅうぶんに怪しかったからセカンド大和にしてフォローしたれ思ってたくらい、それを梶谷優先でポジションコロコロする方が悪いですわ。

それにしても平田も呪われてるな、前回のプロ初先発で好投するも勝ち消され今日は記録に残らんエラー連発されて防御率もボロボロにされてるし、横須賀四天王時代に負ったカルマやな。 これ先発おらん西武にトレード出して援護貰って10勝投手になるのが本人にとって幸せな気がせんでもない、ということで代わりに西武さん打てる選手下さい。

それにしても西武打線マジでヤバい、急に目覚めて食い散らかして寝る品のない蛮族打線ほんとすき、はよ交流戦でセ界が蹂躙されるのを観たい。

2018/04/27(Fri)

[自宅システム管理者] PROTECTLI FW4A 欲しい

不自由なメーカー製無線LANルーター使うのウンザリしてきたので、次買うなら省電力なCPU載ったMini-ITXマザボ調達してそいつにてけとーなOSぶちこんでhostapdでもwpa_supplicantでも動かした方がマシな気がしてきたゾ。

ただ今はメモリー高くてマジ貧乏人には苦しいご時勢なんで、手元に余ってるDDR3Lが流用できるやつというと

あたりを候補にするしかないんよな。

でもすでにディスコンで入手性も悪い上し、いまいち自作ルーターに向いた機種がなさげ。 特にBay TrailのあたりはAES-NI無かったりするのもマイナスポイント。

いちおう SUPERMICRO X11SBA-LN4Fならよさげだけど、お値段そこそこ高くてちょっとなぁという感じ。

そこでしばし検索エンジンと戯れたところ、Mini-ITXでない専用設計のベアボーンだけど PROTECTLI FW4Aというファイヤウォール・ルーターを自作するためのIntel NUC的ハードを発見、これスペックお値段共にそこそこ良さそうねこれ。

ただオプションの WiFi Kitってのがいまどき11bgnなのがアレ、まぁアンテナだけ流用して別の11ac乗せりゃいいんだろうけどさ。 つーかフルサイズのmini PCI Expressスロット用意されてるってだけで banana pi BPI-R2と違って将来性あっていいよね。

ということで今使ってるNETGEAR R6300v2壊れたら次はこいつかその後継機種も候補に入れておきますかね、心配なのは家を燃やさないだけの信頼性があるかあまり情報がない点だけど。

2018/04/28(Sat)

[自宅システム管理者] NETGEAR R6300v2 + ReadyDLNA

先日も書いたけどNETGEARのルーターにはReadyDLNAという機能があり、音楽ファイルの入った外付USBストレージを繋げるだけのお手軽さでDLNA Media Serverを構築できる。

ところがワイの環境みたいに数万曲分程度のどこの普通のご家庭にもある量の音楽ファイルを管理させようとしてもスペック足らんのかまともに動かんようねこいつ。

USBストレージを繋げるとメディアをスキャンし.ReadyDLNAというフォルダにアルバムアートのサムネイルを作るんだけど、その作業の途中でメモリ不足になるのか途中で止まってしまう。 そしてこのサムネイル化が終わってない音楽ファイルは再生できない。

おそらくReadyDLNAの実装がハードウェア的にメモリ256MBしかないのを考慮せずオンメモリでいろいろし過ぎなんだろうなぁこれ。 そもそも.ReadyDLNA以下に作られるサムネイルなんかのファイルはメディアサーバーが停止すると削除されるようで、いまいち何のためにディスクキャッシュ作ってんのか謎設計である。

さらにはメモリ使い過ぎるとメディアサーバーが死ぬだけで済まずにルーターとしての機能も不安定になって再起動かかったりネットワーク繋がらなくなったりでクソ過ぎる。

やっぱりR6300v2の退役を急いで昨日の PROTECTLI FW4Aを買うべきなんだろうか、なお金は無い。

[自宅システム管理者] 続・NETGEAR R6300v2 + ReadyDLNA

どうやらReadyDLNAって中身は MiniDLNA(ReadyMedia)みたいね、そのうちコード読んでみますか…

[ハードウェア] Jim Keller joins Intel

Zen architecture lead Jim Keller heads to Intelとはたまげたなぁ、DECとAlphaを殺された敵を討つべく復讐の鬼となりIntel絶対殺すマンとしてAMDやAppleで腕を存分に振るった末にIntelを従えるの怖い(失禁)。

そういえばこの人事にも影響あったであろうMeltdown/Spectre騒動だけども、結局Spectre v2緩和microcodeの提供は3桁Core i世代より前は ガッツリ打ち切ったのね、最初から期待はしとらんかったがそういうとこやぞ。

2018/04/29(Sun)

[スポーツ] F1 第4戦 アゼルバイジャンGP 決勝

決勝中にホームストーレートへ向かうレッドブルドライバー達、疲れからか、不幸にも青塗りの高級車に追突してしまう。 「おいゴルァ!降りろ!お前スーパーライセンス持ってんのかゴルァ」

車の主、リカルドが言い渡した示談の条件とは…フェラーリ移籍やろうなぁ。

しかし赤牛親子どっちも連続でチームメイトで同士討ちやらかしてチーム内の雰囲気悪そうやのう、89年のマクラーレンかよ。

[プログラミング] debugging MiniDLNA(ReadyMedia) その1

今回は先日の NETGEAR R6300v2組込みのReadyDLNAというUPNP/DLNAメディアサーバ機能が挙動不審という件についてデバッグでも試みるかと。

こいつの中身は先日も説明した通りMiniDLNA(ReadyMedia)というGPLライセンスで提供されるオープンソース *1、最新版は1.2.1みたいだけどこの機種にはもっと古いバージョンが入っててNETGEARが公開しているR6300v2のファームウェアのソースコードだとこのへんに存在するもよう。

$ ls R6300v2-V1.0.4.24_10.0.87_src/ap/gpl/minidlna
ffmpeg-0.5.1  jpeg-7          libid3tag-0.15.0b  Makefile        minidlna.07.26   sqlite-3.6.22
flac-1.2.1    lib             libogg-1.1.4       minidlna        minidlna-1.0.26  zlib-1.2.3
include       libexif-0.6.19  libvorbis-1.2.3    minidlna.03.14  packages

なぜかminidlnaのバージョン違いが

と4バージョンも入ってて混乱するんだけど、Makefileをgrepすると

$ grep minidlna Makefile
#               1. I don't re-configure ffmpeg, jpeg-7, zlib & minidlna , because their Makefiles
        (cd minidlna.03.14 && make MINI_DLNA_PATH=$(MINI_DLNA_PATH) \
        cp ./minidlna.03.14/minidlna    ./lib/minidlna.exe
        rm ./lib/minidlna.exe
        cd ./minidlna.03.14/            && make clean
        rm ./lib/minidlna.exe
        install -m 755 minidlna.03.14/minidlna.conf $(TARGETDIR)/usr/
        install -m 755 lib/minidlna.exe $(TARGETDIR)/usr/sbin/

とどうやらワイが読むべきなのはminidlna.03.14っぽいね。

障害箇所の特定にできればログを回収したいところなんだけども、NETGEAR R6300v2のWEB管理画面から参照できるログにはMiniDLNAに関する情報は出てこない上に出力させる設定もない。

そんでログ周りのコードを読んでみても

 337 static int
 338 init(int argc, char * * argv)
 339 {
...
 342         int debug_flag = 0;
...
 599         if( log_path[0] == '\0' )
 600         {
 601                 if( db_path[0] == '\0' )
 602                         strncpyt(log_path, "/tmp/log", PATH_MAX);
 603                 else
 604                         strncpyt(log_path, db_path, PATH_MAX);
 605         }
...
 653                 case 'd':
 654                         debug_flag = 1;
...
 796         if(debug_flag)
 797         {
 798                 pid = getpid();
 799                 log_init(NULL, log_level);
 800         }
 801         else
 802         {
 803                 pid = daemonize();
 804                 #ifdef READYNAS
 805                 log_init("/var/log/upnp-av.log", log_level);
 806                 #else
 807                 if( access(db_path, F_OK) != 0 )
 808                         make_dir(db_path, S_ISVTX|S_IRWXU|S_IRWXG|S_IRWXO);
 809                 sprintf(buf, "%s/minidlna.log", log_path);
 810                 log_init(buf, log_level);
 811                 #endif
 812         }

と特にsyslog(3)なんかを利用せずに、-dスイッチ付で起動した時だけほぼ名前ハードコードのテキストファイルに吐き出してるだけっぽい、その上

  1 #!/bin/sh
  2
  3 # chkconfig: 345 99 10
  4 # description: Startup/shutdown script for MiniDLNA daemon
  5 #
...
 30 case "$1" in
 31 start)  log_daemon_msg "Starting minidlna" "minidlna"
 32         start-stop-daemon --start --quiet --pidfile $PIDFILE --startas $MINIDLNA -- $ARGS $LSBNAMES
 33         log_end_msg $?
 34         ;;

init scriptには-dスイッチ無しで起動しているのでログの回収は無理って事、はぁ~つっかえ。

まぁ仮にログに吐いてたとしてもWEB管理画面の脆弱性でも探さんと回収方法無いしな、シリアルコンソール使うにはどーせ分解して半田付やろうしな。

他に何か方法ないかなーとソース眺めてたらファームウェアにはutelnetdが入ってるのでこいつ起動すればtelnetで入れるっぽい。

検索するとOpenWrtのwikiに Unlocking the Netgear Telnet ConsoleというページがあってNETGEARのルーターめがけてMagic Packet投げるとutelnetdが起動するようね。 telnetenable.zipのコードをみると、MACと管理者ユーザ/パスワードなんかのMD5ハッシュ値をBlowfishで暗号化して投げつけりゃええんやなと。

つーわけで調査に行き詰ったらtelnetで押入ってMiniDLNAに-dスイッチをつきつけ無理矢理ログを吐かせりゃ原因は絞れそうやね。 ただ現在絶賛運用中の無線LANルーターだしむやみにtelnetd起動するのもセキュリティ的に怖いので最終手段ちゅーことで。

次回はもう少しMiniDLNA(ReadyMedia)のコードを読み進めていく予定、まぁ飽きて続きは無い可能性も高い。

*1:作者はNETGEARの社員みたいね

2018/04/30(Mon)

[やきう] 松坂NPB復帰後初勝利

シーズン前からもし松坂にNPB復帰後の初勝利をさせてしまうチームが存在するとしたらそれは去年ハンカチ王子に完封されかけた横浜だろうとの下馬評だったけど、的中して大草原。

結局はご自慢の強打()のクリーンナップ、筒香から梶谷までが打てないんだから負けるって話なんだよな、しかし煽りカスに踊らされて倉本戸柱神里あたりを叩くのに必死なピーはほんと哀れである。

要は所沢山賊団こと西武打線くらい打てば飯塚どころか平田だって10勝届くと思うぞ、去年あれだけ残塁の山を築き拙攻繰り返したのに補強がアレって高田以下フロントの方針がおかしいのよな。

8連勝してる時は神里がベイス野球に染まらずに出塁して盗塁するパターンができてたけど、ベンチ指示で早打ちするようになって四球選べず打てなくなくなるわ守備位置コロコされて慣れないセンターでのエラーもあって、ヘイトを集めてるのマジ可哀想なよな。

まー去年災害レベルだった二軍の貧打は高須放出でマシになったけど(かわりに楽天一軍が死んだ模様)、一軍の早打ち四球拒否の相手投手を助けるクソ打線はラミレス小川坪井をオリに返品せんと改善せんやろ、もう来年の新フロントと新監督考えたほうがええで。

[プログラミング] debugging MiniDLNA(ReadyMedia) その2

とりあえず発生している現象を整理すると

という感じ。

前回調べた時にメディアの一覧情報をオンメモリで持っててOOM(Out Of Memory)するんじゃないかと疑ってたけど、よく管理ディレクトリの中をみると

というSQLite3形式のデータベースファイルがあっって中を覗いてみるとメディア情報は全部こいつに保存してもよう。

よってSQLite3の設定で全てオンメモリにして高速化とかキャッシュを実メモリサイズ以上とかやっとらん限りはOOMにはなりそうもないのよね。 実際にSQLite3の初期化部分のコードを読むと

 305 static int
 306 open_db(void)
 307 {
 308         char path[PATH_MAX];
 309         int new_db = 0;
 310
 311         snprintf(path, sizeof(path), "%s/files.db", db_path);
 312         if( access(path, F_OK) != 0 )
 313         {
 314                 new_db = 1;
 315                 make_dir(db_path, S_ISVTX|S_IRWXU|S_IRWXG|S_IRWXO);
 316         }
 317         if( sqlite3_open(path, &db) != SQLITE_OK )
 318         {
 319                 DPRINTF(E_FATAL, L_GENERAL, "ERROR: Failed to open sqlite database!  Exiting...\n");
 320         }
 321         sqlite3_busy_timeout(db, 5000);
 322         sql_exec(db, "pragma page_size = 4096");
 323         sql_exec(db, "pragma journal_mode = OFF");
 324         sql_exec(db, "pragma synchronous = OFF;");
 325         sql_exec(db, "pragma default_cache_size = 8192;");
 326         return new_db;
 327 }

とハードコードされてるパラメーターみても、そういう設定にはなってなさげ。

そしてfiles.dbの中を見てみるとスキャンしたメディアについては

という3つのテーブルに格納されてるんだけど、やっぱりサムネイルと同様にレコードの追加は28k曲を過ぎたあたりで止まってしまっている。

まず真っ先に疑うのはmp3やファイルシステムが破損してるせいでスキャンがエラーになって途中で止まってるのでは?なんだけど

のでそこは問題なくて、あくまでMiniDLNAの問題やろねこれ。

ということで運用で回避できる可能性があることはわかった

ちゅーこと、まぁこんなんクソ遅くてやってらんないしルーターに再起動かけたらまた管理ファイル作り直しでその時に同じ問題にひっかかるからアレなんだけど。

なんかあまり内容の無い記事だが別に他人に読んでもらう記事を書こうとは思ってなくて、ただの備忘録やからしゃーない。