The Man Who Fell From The Wrong Side Of The Sky:2017年3月19日分

2017/3/19(Sun)

[映画] クー嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件

先日「Ziggy Stardust: The Motion Picture」観に行った時に上映前の予告編で「 クー嶺街少年殺人事件」が流れたんですが、数分間のトレイラー観ただけで「この映画は観ないと後悔する」と直感したので行ってきたですよ。

あまりに予告編が凄かったので twitter で面白そうだったと書いたら artonさんから「超傑作」とのお墨付きを貰ったのもありまして、ありがとうございます。

まず予告編で惹かれたのはその映像美なのですが、これはほんと劇場で観るべきですね。4時間という長編ですがあっという間の体験でした。 ストーリーだけだとただの「人が死ぬビーバップハイスクール」とか「実録関〇連合殺人事件」みたいな話で、なんの救いも無い話であまり魅力が伝わらないのですが。

ああ若さそしてその危うさってこうだったよなぁと、ワイの通ってたクッソ荒れたで暴力沙汰がチャメシ・インシデントの中学校にいた無邪気さと残忍さの同居したクソガキの日々をまざまざと思い出しました。

@ 闇と光の交錯

主人公が闇を照らす懐中電灯を手に入れ、そしてそれを自ら手放す決心に至るまでの物語(ネタバレ回避)で、とても後味の悪い映画なのですが、とにかく明と暗の対比が素晴らしいです。

日本の配給会社がキャッチコピーやらポスターやら、元の映画のイメージを改悪して作品を貶めてしまう現象がよく取り沙汰されてて、こんな 記事にもなってたりするんですが「この世界は僕が照らしてみせる。」というキャッチコピーはわりと映画の本質を突いてていいコピーだと思います。

特に闇から光の中へ、バスケットボールが転がり落ちるシーンはちょっと鳥肌モノでしたね。

@ 明るい未来の象徴としてのアメリカ文化への憧憬、日帝支配の残滓と冷戦の暗い影

主人公の住む家は、日帝による支配が終わり日本人が去った日本式家屋に大陸から追われた外省人が大家族で住んでいるという、台湾という国家の暗喩そのものです。

狭い家のパーソナルスペースとして、男兄弟が押し入れの上下を二段ベッド代わりに使ってたりするシーンは、最近の少子化世代の若者にはピンとこないかもしれませんが 第二次ベビーブーマーあたりのオッサン世代には共感する所も多いのでは。

明るい未来の象徴としてのプレスリーなんかのアメリカ文化、そして暗い暴力の象徴として日本人が残していった軍刀や守刀というのも象徴的です。

@ Femme Fatale(ファム・ファタール)

登場人物どれも一癖あって印象的なのですが、ヒロインの「ファム・ファタール(男を破滅させる魔性の女)」っぷりとその存在感が半端ないです。 監督のフェティッシュな撮影もあってそら関わる男みんな狂うよねという説得力があります、日本人的にはそれほど美人と感じる系では無いんですけどねー足とか虫刺され跡いっぱいだし(4kリマスタの威力)。

@ おわりに

エドワード・ヤン監督が亡くなった後権利関係がアレで25年もの間まぼろしの映画だったそうですが、4kリマスタで劇場でこの作品を観れた事は幸運でしたね。 興味を持たれた方は劇場へどうぞ、なお4時間途中休憩なしなのでお尻に優しい劇場を選んでどうぞ。