The Man Who Fell From The Wrong Side Of The Sky:2017年1月分

2017/1/10(Tue)

[音楽] No Plan/David Bowie

一周忌生誕70周年に合わせてPVが公開されたので、ざっくり訳してみた

そこは音楽は鳴らないであろう場所
僕はずっと音の洪水の中で迷子だった
ようやく辿り着く先はどこでもない場所なのだろうか?
よくわからない

僕がこれから行くであろう場所は
どんなところであっても
そこが僕の辿り着く場所

僕の人生だった全てのもの
僕の欲望
僕の信念
僕の気まぐれ
それらがどうなるか判らないけど、そこが僕の新しい居住地

そこからはもうマンハッタンの二番街は見えやしない
そこにはもう車も人通りもない?
よくわからない

僕の人生だった全てのもの
僕の気まぐれ
僕の信念
僕の欲望
また独りきりになるけど
もう思い残すことは何もない

行きたくもない場所だけど
でも僕はそこに行かなければならない
心の準備はもう少しかかりそうだけど

PVは「ニュートン電機店」にうず高く積まれた沢山の「ブラウン管TV」ということで、映画「地球に落ちて来た男」へのオマージュです。 主人公トーマス・ジェローム・ニュートンが地球人の風習を学習する為に何十台ものテレビを積み重ねて視聴してたシーンですな。

またテレビとラジオの違いはありますが、通りすがりの人間をテレビ/ラジオから音楽で足を止めさせるその耳と目を奪うというストーリーは 最も有名なボウイの生み出したキャラクター、ジギー・スターダストの唄う「Starman」の歌詞をも連想させます。

デヴィッド・ボウイ自身の宗教観については、ジャパニーズ禅だーチベット仏教だーインドネシア仏教だーいろいろ取り沙汰されてますが、結局この歌では死後の世界なんて

ぜんぜんわからない、俺はノープランで死の準備をしている
*1

とある意味あっけらかんとしていて、彼がいわゆる キューブラー・ロスによる死の受容プロセスの最終段階にある事が読み取れます。

またこの曲は舞台「Lazarus」においては宇宙飛行士のポートレイトを前に唄われているようです。

彼の初ヒット曲「Space Oddity」の登場人物であるトム大佐、歌詞の中で全く触れられることのなかった彼のロケット打ち上げ時の心境とダブらせているのかもしれません。

トム大佐のモデルは マーキュリー・セブンなどのアメリカ宇宙飛行士や、映画「 2001年宇宙の旅」に登場した HAL の反乱により宇宙を彷徨うことになるフランク・プール博士のイメージですが、それが映画「 地球に落ちて来た男」を演じたことでトム大佐=トーマス・ジェローム・ニュートンと同化したのでしょう。偶然ではありますがトムはトーマスの愛称でうまく一致します(劇中はトミー呼びですが)。

トム大佐が地上の妻に心を残しつつも宇宙飛行に飛び出した背景が、アポロ計画のような宇宙探査ではなく水資源の枯渇し荒廃した惑星アンシアから水を求めて「地球に落ちて来た男」に変わったわけです。

そしてトム大佐が再び歌詞に現れるのは「Aches To Aches」です

灰から灰へ、臆病者は臆病者に
トム大佐は今ではすっかりジャンキーに
天国でハイになってグッダグダ
史上最低を記録しました

トム大佐がジャンキーになったという歌詞は

以上の事から生まれた歌詞と長らく解釈されていましたが、これもまた「トム大佐=トーマス・ジェローム・ニュートン」と考えれば映画のストーリーそのままなんですよな。

ボウイは自分の死出の旅を、トム大佐のロケット打上げと宇宙遊泳にになぞらえたのではないでしょうか、これは「Blackstar」の歌詞からも読みとれます。

大変に難解な歌詞なのですが「邸宅には大きな蝋燭が一本立っている、そして処刑の日を待つ」的な歌詞が歌われます。 これはグリム童話の「死神の住む地獄の洞穴にある命の蝋燭、それが燃え尽きる日」のイメージをまず想像させますが、それ以外にも蝋燭には意味があるのではないかと。

先ほど軽く触れたマーキュリー・セブンのうちのひとり、 アラン・シェパードは彼の初打ち上げが何度も中断しそうになった時

Let's Light This Candle = さっさとこの蝋燭に火を付けろ(ロケットを打ち上げろ)

と激を飛ばしました。

つまりは「Blackstar」に登場する大きな蝋燭は

とのダブルミーニングなのでしょう。

「No Plan」のPVでは最後の歌詞「心の準備はもう少しかかりそうだけど」の後、ボウイの姿と共にロケットが空高く飛んでいく映像が流れます。 ロケットで宇宙への旅(=死出の旅)に出たのはトム大佐でありニュートンでありジギーであり、そしてデヴィッド・ボウイ本人なわけです。

「Changes」の歌詞のように演ずるキャラクターをどんどん新しく生み出してったかと思いきや、死の直前に全部のキャラクターを結び付けてお前が観てたのは デヴィッド・ボウイ本人だったんだよと、とんでもない伏線回収をして去ってったわけです。 まさしくベスト盤のタイトル通り「Nothing Has Changed(何も変わっていない)」。

そしてまた最後の曲を実質デビュー曲である「Space Oddity」と繋げたことで、ここにデヴィッド・ボウイという偉大なる無限ループが完成したわけ。

後は TO BE PLAYED AT MAXIMUM VOLUME(最大音量で聴け) ということでございます。

*1:http://orekabu.jp/bakakabu/

2017/1/11(Wed)

[音楽] Daivid Bowie Is デヴィッド・ボウイ大回顧展

1/10はボウイの命日だったので、お墓代わりに 天王洲アイル寺田倉庫G1にお参りしてきたよ。

内容についてはまた気が向いたら書きます、物販はこれ欲しかったんだけど値札を見て正月太りの蒼褪めた貧乏人は諦めた、山本寛斎オフィシャルだからとはいえTシャツに29,000円は無理。

終了後は伊勢佐木長者町にある 横浜シネマリンで1/7〜20まで公開中の映画「 地球に落ちて来た男」 の4kリマスター再々上映も観てきました。

前回観てきた劇場より設備面は↓なのですが、改装間もない小奇麗な内装の壁はボウイ・ウォールと化してました。

また1/28からは映画「 ジギー・スターダスト」の再上映もやるようで、支配人ボウイファンなんやろうなぁ。

2017/1/13(Fri)

[音楽] Tycho Japan Tour 2017 Tokyo

行ってきたよ。

2015年の渋谷O-EAST以来のTychoのライブ参戦なんですが今回も素晴らしかったです(語彙力ゼロ)。

前回のアルバム「Awake」からのバンドサウンドが新作「Epoch」でより昇華し2017年のグラミー賞ノミネートも納得のサウンドでございます、ということでCD買え。

2017/1/30(Mon)

[音楽] Ziggy Stardust: The Motion Picture/David Bowie

先日の記事でもちょっと触れたのですが、 Ziggy Stardust: The Motion Picture 再上映に行ってきました。

場所は前回もお邪魔した 横浜シネマリン、ボウイウォールも健在。

内容についてはファンならすでに114514回くらい視聴済みでしょうし、人によっては 俺はぜったいプレスリーの幻聴が聴こえてくる重症患者もいるでしょうから説明しません。

しかし「すべての若き野郎ども(All The Young Dude)」が流れる館内にいるのが50歳前後のオッサンばっかりなのは愕然としましたね...

最近の若者は草食系なのか「すべての若き『野草』ども」じゃないとダメなんですかね...

余談ですが長らく入手困難であった「地球に落ちて来た男」原作本がめでたく二見書房より 復刊しました、いいから買え。

2017/1/31(Tue)

[音楽] Where Are We Now?/David Bowie (その1)

前作「 Reality」のワールドツアー中の2004年に心臓発作に見舞われその後のスケジュールを全てキャンセルし、それから10年近くに渡って沈黙を続けたデヴィッド・ボウイですが、2013年に突然に前情報もなく新作「 The Next Day」を発表しシーンに復帰します。

ジャケットは鋤田正義氏撮影による過去作品「 Heroes(英雄夢語り)」のものを顔部分を白く塗りつぶし「The Next Day」とだけ入れた悪く言えば手抜きのようなデザインに拍子抜けし、それでもカムバックに喜んだ方も多かった事でしょう。

このアルバムからの最初のシングルは「Where Are We Now?」でした。この曲はボウイが1976年からベルリンで薬物依存の治療を兼ねての隠遁生活をしてた時代の思い出話と一般的には解釈されています。

@ ポツダム広場駅

どうやって電車に乗るんだっけ
ポツダム広場駅からは
君は知らなかっただろうけど
僕だって昔は電車くらい乗れたのだけど
まるで生きる屍みたいだった

80年代に京都に長期滞在していた頃のボウイが阪急電車で移動している写真があります。

この写真のように一人でふらっと電車に乗るような経験をベルリンでも体験したのでしょうか。

コカイン中毒から更生しニューヨークに戻った彼は、カルトスターから脱皮を図り音楽のみならず映画出演などで80年代を代表するスーパースターへと変貌します。 90年代に入ってから再婚して生まれた娘さんにとっては、父が一人で電車に乗る姿なんて想像もつかない事でしょう。 昔の写真を見せながら「僕だって電車くらい乗れるんだって」と昔話でもしたのでしょうか。

しかしこの歌詞がボウイ本人の回想だと考えるには、ひとつの大きな矛盾があります。 ポツダム広場駅は彼がベルリンに住んでいた頃には東西ドイツ分断による影響で 幽霊駅と呼ばれる廃駅であり、東西分断の象徴だったのです。

ですのでこの1番の歌詞で過去を回想している人物は、少なくとも1961年のベルリンの壁建設による東西分断より前の時代の人間でボウイ本人ではありえないのです。

@ ニュルンベルク通りのクラブ

ジャングルという名のクラブに入り浸ってた
ニュルンベルク通りだったかな
僕は過ぎ行く時間を無駄に過ごした
ヴェスデンデパート(KaDeWe)の近くで
本当に生きる屍みたいだった

2番の歌詞は70年代、ボウイそして彼とベルリンで共同生活を送っていたイギー・ポップが入り浸ってた Dschungelというディスコクラブの話ですので、ここだけは彼のベルリン時代の回想というのは正しいでしょう。

このベルリン時代にボウイはいわゆる「ベルリン三部作」と呼ばれる傑作を残しますが、その中でも代表作となるのはベルリンの壁にインスパイアされた"Heroes"でしょう。

忘れられない出来事
あの東西を分かつベルリンの壁の前に立っていたら
警備兵が僕らの頭上に銃弾を撃ち込んできた

それでも僕らは屈せずキスをした
だってそんな脅しは何の意味も無いから
恥ずべき者達は壁の向こう側にいる

僕らは奴らを打ち倒すことができる、永遠に
僕らは英雄になれる
それはわずかに一日だけだろうとも

と歌うこの曲は、これまでの「Space Oddity」や「Ziggy Stardust」と並ぶかそれを超える彼のマスターピースとなっています。

@ ボルンホルマー通りの橋

2万人もの民衆が
ボルンホルマー通りの橋を渡る
指を十字に切って運を天に任せて
万が一の事を考えておまじない
死ぬほど歩いた

そして3番の歌詞は1989年のベルリンの壁崩壊により、自由を求めて国境に架かる橋へ押し寄せた人々を唄っています。

Bundesarchiv Bild 183-1989-1118-018, Berlin, Grenzübergang Bornholmer Straße

この壁崩壊の2年前、ボウイはアルバム「 Never Let Me Down」を発表し Glass Spider Tourと銘打ったワールドツアーの中で、ベルリンの壁の「恥ずべき向こう側」へスピーカーを向け前述の「Heroes」を演奏しています。

このライブは音楽が圧政に喘ぐ人々に力を与え全体主義を打ち倒す力となったひとつの出来事として記憶され、NHK「 新・映像の世紀」でも1話を割いて取り上げられました。

@ 僕らは今何処にいるのか?

僕らは今どこにいるんだろう?
僕らは今どこにいるんだろう?
貴方が記憶する、その瞬間、あの瞬間

太陽が昇る限り
雨が降る限り
炎が立ち昇る限り
僕が生きている限り
貴方が傍にいてくれる限り

お判りでしょうか、曲のタイトルの「Where Are We Now?」の Whereというのは場所ではなく

  • 壁の存在しない時代
  • 壁により東西が分断された時代
  • 壁が崩壊した時代

のいずれの時代に今僕らはいるのだろう?という疑問なんですな。

ふつーに考えればアルバムの発表された2013年はもはや壁の存在すら忘れられ、統一ドイツどころかヨーロッパ連合の時代ですので 「僕らは今どこの時代にいるんだろう?」なんて疑問を持つはずはないのですが、ボウイにとってはそうじゃなかったわけです。

@ 次回

ボウイが「今自分がいる時代はどこなのか?」を見失った理由、そしてアルバムのタイトルとなった「The Next Day」とは何を基準にしての「翌日」なのか、それを考察します。