Not only is the Internet dead, it's starting to smell really bad.:2016年01月下旬

2016/01/20(Wed)

[音楽] そして星は再び蘇る (その3)

ボウイが曲 All The Young Dudeを提供した モット・ザ・フープルのドラム、デイル・"バフィン"・グリフィンも、まるでボウイに呼ばれるかのように 亡くなられたようです。

ボウイと ミック・ロンソンが天国でスパイダーズ再結成するのに、ずっと若年性認知症に苦しんでいた彼を選んだのでしょう。 なんせオリジナルメンバーの ウッディはまだ元気に ヴィスコンティと現世で仕事やってるのでドラムの座がぽっかり空いてましたからね。

ということで 昨日の続きです。

@英雄に求められる資質 (The Right Stuff)

タイトルはアメリカ初の有人宇宙飛行を目指すために選ばれた7人(マーキュリー・セブン)を描いた映画「ライトスタッフ」より。

砂漠のど真ん中の基地でいつ墜落するかも知れぬテストパイロットを生業とし、明日の朝生きてるかどうかも判らなかった男たち。 その代償は雀の涙のような軍の俸給以外は「自分は最高のパイロット」だという自尊心だけです。

悪運が尽きてしまえば、後に残るのは葬儀で涙を堪える未亡人とおきまりの追悼飛行、そして行きつけの食堂 *1に写真が飾られ、僅かな人々が故人の勇敢さを時折思い出すのみだったのです。

しかし彼らがアメリカ人として初めて宇宙を目指す7人、 マーキュリー・セブンに選ばれたことで生活は一変します。 世界で最も有名な写真週刊誌だった ライフの表紙を夫婦と共に飾り、独占インタビュー契約で年50万ドルを得るようになります。

彼らはメディアによって「国家の存亡を賭けたレースに出場する勇猛果敢な挑戦者たち」として大々的に取り上げられ、一躍国民的ヒーローとなります。 まるで Space Oddity の歌詞で

地上じゃ新聞記者たちが、君の着てるシャツはどこ製?みたいな事まで知りたがっているよ

と歌われたように、その一挙手一投足が新聞やテレビで報じられる立場となったのです。

しかしこれはとても奇妙な話です、彼らはまだ一度たりも月どころか宇宙にも飛び立っていませんし、乗り込むべきロケットもありません。 何の結果をも出していない男たちを、なぜ人々は英雄として迎え入れたのでしょうか?

@名声 (Fame)

タイトルはボウイとジョン・レノンの共作によるあまりにも有名な曲。

名声、代償としていろんなものがくっついてくる
名声、もうあいつを解放してやってくれ、受け入れきれるわけがない
名声、その立場にたったところで集まってくるのは中身が空っぽのものばかり

映画ライトスタッフの一シーンより。

(ジョン・グレン)
俺はこの計画の先行きを暗くするような厄介ごとは何一つ持ち込みたくない
人生で最高のチャンスを手にしたんだ、その前で立ち止まるような真似は勘弁だ
他の奴らにクソを擦り付けられたくない

判ってるよな?お前らのやってることは必ず問題になるぞ

(スコット・カーペンター)
なんの話だよ?

(ジョン・グレン)
お前らが夜な夜な遊び歩いてる事の話をしてるんだ、若い女の話だよ、ふわっふわしたグルーピーどもの話だよ
ズボンのチャックはきつく締めて、そのだらしないイチモツはしまっとけって言ってんだよ

(アラン・シェパード)
グレン君よぉ、あんた超えちゃいけない線踏んだぜ、あんたのモラルってやつを他人に押し売りしないでもらおうか
俺らは皆志願してこの仕事について、長時間の訓練に身を捧げてる
その上任務に対して発生する義務の範囲を超えた仕事にまでつきあわされてる、工場の親善訪問みたいな慈善にまでだ

(ジョン・グレン)
それが女連れ込んでお楽しみする理由なのか

(アラン・シェパード)
この忙しさでまともな家庭生活なんてどっかいっちまったよ
グレン君な、良識をわきまえるってことは、他人のイチモツの使い道についてはとやかくいわないってことだぜ

(スコット・カーペンター)
ジョンの言う通りかな、好むと好まざるとに関わらず俺たちはもう有名人なんだ、俺たちにそれだけの価値があろうが無かろうが
人は俺たちを尊敬と羨望の目で見るんだ、とんでもない責任を背負わされたもんだ

(アラン・シェパード)
普段パイロットが空飛んでない間どうすべきかなんて、お前こそお説教できるご身分なのかよ

(ガス・グリソム)
ちょっと待てよ、お前ら何から何まで間違ってる、俺たちの問題はメスマンコなんてどうだっていいんだ
俺たちの問題はサルだよ

(ジョン・グレン)
何言ってんだコイツ

(ガス・グリソム)
俺たち自身の問題だよ、俺たちはサルなんだよ

(デューク・スレイトン)
あー、ガスが言わんとしてるのはもっと別に話すべき問題があるだろってことだろ
噂はみんな聞いてると思うけど上層部は予行で宇宙にサルを送り込むつもり、サルに宇宙船の操縦は無理だろ?つまりおサルの電車を作る気なんだ
そして俺らは本番でも運転席にただ座ってるだけ、俺たちはパイロットどころか大学を出たチンパンジー扱いってことだよ

(ガス・グリソム)
クソが、ナメやがって

Fameの歌詞通り、名声は多くの良くない副作用をもたらしました。彼ら7人はこれまでどおりの生活を送ることはもはや不可能です *2

彼らは軍人です、自分らがアメリカ国民から英雄扱いされる理由を Call Of Duty、つまり国家の大事に自らを捧げ、人々が模範とすべき規範を行動せしめ、さらに任務を完璧に果たすための能力を自分が持っているからと固く信じています。

しかしながら上層部が宇宙飛行士に求めた能力つまり彼らがクリアしてきた適性テストというのは、肺活量などの基礎体力測定はまだいいとして

  • 徐々に傾斜と速度が厳しくなるランニングマシンを踏破する
  • 長時間氷水に足を漬けてガタガタ震えながら耐える
  • ひまし油を飲む(そして下痢をする)
  • 大量の浣腸液を尻に注入されてひたすら我慢する

というあまりにもバカバカしい無意味なテストの数々でした *3、実際に腹を立てて選考を途中辞退したパイロットもいます。

彼ら7人は陸海空軍そして海兵隊のエリートではありましたが、テストパイロットとして技量の高い人間は他にもいます。 例えばこの映画のもう一人の主人公、はじめて音速の壁を突破した男 チャック・イェーガーもです。

連日のように新聞や週刊誌そしてテレビを賑わせる「まだ何も成していない」英雄たち。 そもそも彼らが選ばれた理由が「大量の浣腸を尻に注入されても長時間排便を我慢できる能力に優れる」からだったと国民が知ったら?

この頃テレビで人気だったコメディアンの ビル・ダナが演ずる、英語も片言のメキシコからの不法移民である ホセ・ヒメネスの方がよっぽど宇宙飛行士に適任ということになってしまいます。

そもそも上層部は当初テストパイロット達から宇宙飛行士を選ぶ予定すらなかったのです。 実験動物として、よりによってテストパイロットのようなプライドが高く扱いづらい人種はまっぴら御免という判断でした。

(上層部)
スペシメン(実験動物)を打ち上げます

(大統領)
スペースメン(宇宙人)を?

(上層部)
ス-ペ-シ-メ-ン、実験動物をです。

(大統領)
その、いったいどういう実験動物だね?

(上層部)
タフで、地上からの指示をよく守るものをです
そう、私が考えてるのはジンプとか

(大統領)
ジンプ?何なんだそりゃ一体

(上層部)
ジンプ、チンパンジー、つまりサルです。

(補佐官)
宇宙へ行くアメリカ人の最初の一人がサルだって?

彼らは空中ブランコ、綱渡り、水中脱出そして人間大砲に長けたサーカスの曲芸師や奇術師こそが適任とすら考えていた時期すらあったのです。そう ジョルジュ・メリエスの映画 月世界旅行の登場人物さながらに。

彼らはテストパイロットとして死ねば、誰よりも勇敢に操縦桿を操作した男として死ぬことができます。 しかし操縦桿もない全自動運転のカプセルにただ座ったまま実験用のサルとして死んでしまったら?

@次回予告

宇宙飛行士はただの実験動物のサルなのか、それとも名声に値するだけの能力を持った男たちなのか。

次回「2001年宇宙の旅 (2001: A Space Odyssey)」です。

*1:元は女性パイロットの草分け的存在で「エドワーズ空軍基地の母」と呼ばれた "パンチョ"・バーンズが経営する ハッピーボトム乗馬クラブの事、彼女と店の ドキュメンタリー映画もあります。
*2:そして月旅行時代の狂騒が終わる頃には宇宙飛行士とその妻たちのほとんどが離婚を経験し、あるものはアルコールに溺れ心を病み、そして命を絶った者までいます。
*3:映画では虚実ない交ぜの出鱈目なテストのオンパレードで爆笑モノです。

2016/01/26(Tue)

[音楽] デヴィッド・ボウイの 'Heroes' をトラック毎に分析する

Breaking down David Bowie's 'Heroes' - Track-by-trackより。

デヴィッド・ボウイの名曲 'Heroes' を長年プロデューサーを務めたトニー・ヴィスコンティが直々に、どのように録音したのか マルチトラックを操作しながら解説した動画が上がってますな。

聴き取り辛い(自分的に)部分もあったので不完全ですが、翻訳したのを何回かに分けて上げてみる。 アメリカ人にしては私でもある程度聴きとれる英語なのはイギリス人との仕事が多かったからですかねぇ。

@マスターテープについて

私の手元に 'Heroes' のマスターテープがやってきた時、それはハイエンドデジタルに変換済み(*1)でした。
というのもテープは古く(聴き取れない)で磁性体は摩耗し、それ以上再生し続けることは無理だったからです。
テープはデジタルに変換されましたが、それはとても素晴らしい(聴き取れない)で音はとてもよく聞こえました。
私の耳には(オリジナルの)テープと遜色ありませんでしたね。

(*1) ヴィスコンティは 'Heroes' 収録の同名アルバムのプロデューサーですので、当然アナログマスターは手元にないとおかしな話です。
     わざわざ「手元にきた」とってるのは、CD化の時のデジタルリマスターには関わらなかったこと指すのでしょう。
     ここでの「ハイエンドデジタル」が
      - Rykodisc 時代の 1990 年リマスター(20bit)
      - EMI 時代の 1999~2003 年リマスター(24bit)
     どちらを指すかは不明ですが、ヴィスコンティとボウイがアルバム"Heathen"で再び組むのが2003年ですから
     後者と考えるのが自然ですかね。

@5人によるセッションからはじまった

どの曲もなんですが、この'Heroes'も伴奏から(録音を)開始しました。
この頃、デヴィッド(・ボウイ)は最高のバンドと作業していました。

 - ベースのジョージ・マーレイ
 - ギターのカルロス・アロマー、彼とは"Young American"からはじまって30年(*2)のつきあいになります
 - そしてドラムのデニス・デイビス

この(録音の)時点でデヴィッドは彼らとはミュージシャンとして数年のつきあいで、ツアー(*3)に出ることにもなります。
それでは、ベーシックトラックを聴いてみましょう。

 - デニス・デイビスはドラムに座り
 - カルロスはギター持って部屋(*4)に
 - ジョージマーレイはベース
 - そしてピアノ(*5)を弾くのはデヴィッド・ボウイ
 - またスタジオの隅にブライアンイーノ、彼(イーノ)はブリーフケースシンセサイザー(*6)を演奏し美しく雄大なノイズ音を出します

曲はこの5人のミュージシャンたちのセッションで録音ははじまりました。
歌はありません、まだメロディもありませんでした、曲の形も構造もまだありません。
この曲を何て呼ぶかもまだ誰も判りませんでした、これがこの曲の始まりです。

(*2) この時点で30年では当然ありません(まだボウイ30歳にカルロス26歳ですし生まれてからずーっとになってしまいます)
     Young Americans(1975) ~ Reality(2003) までおよそ30年という事です。

(*3) おそらく1978年からの Low & Heroes ツアーのことを指していると思われます
       https://en.wikipedia.org/wiki/Isolar_II_%E2%80%93_The_1978_World_Tour
     ちなみに Station To Station ツアーにもこの3人は参加しています。
       https://en.wikipedia.org/wiki/Isolar_%E2%80%93_1976_Tour

(*4) スタジオの中の防音室の事と思われます。
     各パートごとに演奏して録音を重ねるのではなく、全員で一発録りする場合には楽器の音が被らないよう
     パーテーションや防音室などを使います。普通はドラムが防音室に入ることが多いのですが(他の人はヘッドホンで
     ドラムの音を聴きながら演奏する)ここではギタリストがが防音室に入ってるという事は、フィードバック対策などの
     特別な理由があったかと推察されますが、それにしてはドラムトラックにもギターの音がかすかに被ってる事を
     わざわざ解説してるのでしてるので、防音室ではなくスタジオ全体を指してるだけかもしれません。

(*5) ピアノといってますが鍵盤程度の意味で、実際に弾いてるのはシンセサイザーでしょう。
     後のインタビューでその機材も出てきますので、次回説明します。

(*6) EMS Synthi AKSのこと、イーノはロキシー時代からアンビエント時代に至るまでEMS社のシンセを愛用しています。
       https://en.wikipedia.org/wiki/EMS_Synthi_AKS

@サウンド解説(その1) - 後から音を変える必要なんてない

では早速ですがドラムトラックからはじめましょう、(OKアラン、再生よろしく)

 - はい、キックドラムです
 - スネアドラムです、後ろにカルロスのギターの音がちょっと聴こえてますね
 - そして頭上に立てられたシンバル用のマイク
 - またタムタムのトラックもあります
 - ドラムと一緒に(*7)
 - そしてジョージ・マーレイのベースも

彼(ジョージ・マーレイ)は特殊なエフェクターをベースにかけてます、フランジャーです(*8)。
ちょっと2番で止めて、ここに型破りなアプローチを見ることができます。
というのも普通のミュージシャンでなら
「テープには生音でエフェクト音を録らないで、だって後からエフェクトをオフにできないから」
というところです。

でもこれは(聴き取れない)意図してやってます、私たちはエフェクト音も一緒に録音します。
後から取り除けませんが、なぜ後から変える必要があるのでしょう。
ヴァイブ(揺らぎ、雰囲気)を作り出すその小さなモノ(*9), ヴァイブを作ったのだし変更できても無意味ですから。

この音が(聴き取れず)

この音です、私たちはこの(ベーシックトラックの)上に'Heroes'を組み上げていったのです。

(*7) おそらくカルロスのギターだけソロで流したシーンが一部カットされたのでしょう

(*8) 音をジュワーとジェット音のように変える強力なエフェクターです、原理はこのへん参考にしてください。
       http://www.hikari-ongaku.com/study/effc_etc.html
     位相系のエフェクターをベースに使用すると音が細くなりがちなのでであまり普通は使いませんが
     80年代に入るとベースをメロディ楽器的に使うバンドがフェイザーなんかをかけるケース増えてきます。

(*9) コンパクトエフェクターの形状から「小さなモノ」といってると思われます
     フランジャーは元々テープを使って実現するもので、機材もオープンリールを使ったりで
     コンパクトとは程遠かったのですが、70年代の頃には半導体や集積回路の発達の恩恵により
     小さなペダル型にまでダウンサイジングされていました。
     時期的には発売間もないElectro Harmonics社のMistressあるいはMXR社のM-117Rあたりでしょうかね。
     新しいオモチャがきたというスタジオの雰囲気が感じられます。
       http://www.kcmusic.jp/ehx/deluxe-electric-mistress.html
       http://www.jimdunlop.com/product/m117r-flanger

次回はブライアン・イーノとロバート・フリップの作業について。