蝉は、やがて死ぬる午後に気づいた。ああ、私たち、もっと仕合せになってよかったのだ。:2014年07月09日分

2014/07/09(Wed)

[NetBSD] vmx(4)

思想信条の理由で current 使いたくない故、ハラール認証を受けたオレオレ netbsd-6枝 に vmx(4) を backport したんですが、どうにも i386 だと cvs update 程度の負荷が発生すると、ring buffer 周りだと思うんだけど Bad frame pointer で kernel panicしやがりますな。

これ kernel だけ current に入れ替えても、似たような kernel panic 起こすのでどうにも backport の問題じゃないっぽい *1

panic: kernel diagnostic assertion "(m)->m_type != MT_FREE" failed: file "/home/builds/ab/HEAD/src/sys/kern/uipc_mbuf.c", line 652

移植元のOpenBSD/i386だと安定して動いてるし *2、NetBSD でも amd64 だと以下同文なのでこのまま誰も気づかなさそう。

なんせ RHEL/CentOS 7で i386 は消え去る時代だからねぇ。

*1:つかpci_intr_string()くらいしか書き換える必要なかったしー。
*2:最近 O の if_vmx.c は if_rxr 使って書き直されてるからそれで安定した可能性はあるけどね。