The Man Who Fell From The Wrong Side Of The Sky:2013年12月23日分

2013/12/23(Mon)

[自宅システム管理者] Windows XPのEOLに向けて(その3)

どーでもいいネタで3日目です。

@ OS

Vistaの無償アップデート貰ってんならそれでいいかと思ったんだけど、開けてびっくりクソザコナメクジなHome Basic/32bitだったのでこれは使えん。 まったくDELLもケチよな、元がXP Media Center Editionなので無償アプデならVista Home Premiumが筋なんだけど。

そもそもHome Basicへのアップデートは無料(+送料3000円)、Home Premiumは5600円(+送料3000円)で後者を注文したのに、ウンコDELLは前者を送ってきてカードの引き落としは後者やりやがったのだよ。 んでクレーム入れたそうなんだが、いつもの日本語怪しいどこの国の人なのよなサポートがのらりくらりかわすので、結局めんどくさくなって金取り戻すの諦めたらしい *1

んで今更Basic からAnytime Upgradeすると10kちょいかかるし、その値段ならメモリ増設にかこつけてDSP版買った方がマシなレベル。 つーかすでにAnytime Upgradeはパッケージ版もオンライン版も販売終了しとるわけでザッケンナー!スッゾコラー!

それとアーキテクチャ的にAnytime Upgradeでは32bitから64bitへのマイグレーションが無理なのも困る、今時メモリ3GB上限とかありえんし。 てかCOAに書かれてるシリアルって32/64bit共通なのでメディアさえ自分で用意できれば64bitでも認証通るはずなんだけど、OEMって DELLが32bit版のインストールメディア送ってきた時点でそいつに縛られちゃうので、ライセンス違反状態になるので(アカン)。

ちゅーことでDELLに8600円も払ったアップデートDVD + COAシールはしめやかに爆発四散。

かといってWindows8.1を買ってくるのもワイのサポートコスト的にノーなので、自分デスクトップマシン用のWindows7 Profesional通常版1ライセンス譲ることに。新品で30k(DSP版なら16k)くらいか。 ホントはパーツだけ買って組む暇なくて半年以上放置しているCorei7 3770にこれ入れるつもりだったんだけど、そいつは実験用に買ってあったWindows8 DSP入れますわ…

@ Office Suite

こっちはOEM版のOffice2003 Personal → 2007アプデあるので、パワポとか要らんし2017年までは使えるしでそのままインストールしてもよかったんだけど。 ただワイのOffice2010 Home & Businessが1台分余ってるのでそっち入れることに、Windows7 + Office2010とバージョン合わせといたほうが素人向け参考書選びも楽だしね *2

ただしOEMライセンスはポイするのは勿体無いので、 Office2013 Professional優待アップグレードを28k程度で購入、ライセンスをパッケージ版にロンダリング *3しときました。まぁOffice2003→2007は無料だったとはいえ送料3000円かかってるのでその分は勿体無かったけど。

これで将来的にOffice365の月額料金に囲い込まれるデストピアな世界になっても、2023年まではOffice Professionalを2台分確保ちゅーことで。

最大のネックはOffice2003からの乗換えなので、ワイですら発狂しかけたリボンUIが困り者なんだけど、 これが思いのほかよく出来てるので、これならすんなり移行できるかなと。

@ セキュリティ

今はPlatoonだかNorton360とかいう高いだけのゴミが入ってて自動更新でまだ200日以上期限残ってるけど、こいつも爆発四散で。

アンチウィルス/ファイアウォールはSecurity EssentialとWindows Firewallで十分なんですが、こないだの楽天優勝セールで ESETファミリーセキュリティ(5台まで)3年版を62%Offで買ってたので2016年まではそれで。サンキューAJマギー、ウェルカムユーキリス。

パスワードマネージャ機能もそもそも使ってないようだし、ブラウザのやつで十分だしまずはそのパスワード管理の教育からやね(今はパソコンの横に紙貼ってあるで…)。

@ バックアップ

バックアップ機能もNorton360すげー使いにくいし、クラウドストレージ2GBぽっちなら他のオンラインストレージサービスで十分(使ってないし)。 つーか個人向けバックアップソフトなら、操作ミスでファイル消したから5分前に戻したいを叶えるMacでいうところの タイムマシーンにおねがいの機能が無い時点でお金払う価値ないですわ。

んでTime machine機能については、Windows8以降は標準で File History機能あるけれどWindows7はあっ…(察し)なので、 Acronis True Image Lite 2013がお手頃価格 *4なので、購入してこいつの ノンストップバックアップ機能を使う事に。

機能を絞りこんであるし履歴からファイルを復元する操作も直感的で素人にも楽に使えそうなんですが、Acronisもオンラインストレージが自由に選べず容量もお値段もちょっとアレ。 まぁワイのポリシー的にバックアップ先はローカルドライブ以外信用しとらんので、使わないからどーでもいいです。

あとは素人が間違って消さないようにバックアップドライブを隠す機能がありゃいいんですが、まぁこれはautorun.infに何か仕掛けりゃいいかと。

@ その他ソフト

写真の整理とか編集に使ってるPhotoshop Elements 5は Windows7 未対応なのだけど *5、最新版の12にアップグレードするってゆーてもってかなり操作感変わってしまったらしいので困った…

つーことでまたしてもジャンクの箱漁ってると、買った事さえ記憶に無いPhotoshop/Premiere Elements 8(Windows7 対応OK)が発掘、ジャンク箱さえあれば東南アジアや中東の最前線でも生き残れそうだな。

思い出した、Premiere Elements 8の バグがあまりにも悲惨なので( 阿鼻叫喚の声をお聴き下さい)もうAdobe製品なんぞ金輪際買わないと決めてジャンク箱放り込んだんだったわ。

まぁバグでまともに動かんPremiere Elementsってのも論外だけど、Edius Neoも3 → 3.5のアプデで Firecoder Bluのサポートを切り捨てたのはクソやね、まぁ会社名がコロコロ変わる不安定な経営下で、負債でしかないSpursEngine/CELLに投資したくないのはわかるけど。 プロ用のEdius Proならわかるけど、アマ向けでこんなんやられたら信用できませんわ。誰もがCorei7ホイホイ買えるわけじゃないんやで…

Photoshop Elements 8の方は別に不具合らしいものは無かったので、これでお茶を濁そう。ダメならまだジャンク箱にはPhotoshop Lightroom 3がある。

あとはせいぜい周辺機器はプリンタのCanon PIXUS MP960くらいなもんで、これもWin7 64bit driverでてるし問題なさげ。 つーかプリンタなんて詰替インク買うより本体買い換えたほうが安いとかあるのに、この5年で何度も修理出してたっかい修理費用払ってんですかね…これだから素人は…

@ 結論

バブルがはじけた直後は誰もがまたあの株価に戻る日を信じていたけど結局戻らなかったように、2011年のタイ洪水前のパソコンパーツ相場にはもう永遠に戻らなさそうですね(遠い目)。

*1:振込詐欺と日々戦う老人特有の注意深さで注文時の画面キャプチャと伝票全部残ってるんで、商事時効5年過ぎてなければワイ直々に(略)したんだけどねー
*2:いまさらVista + Office2007へのマイグレーションとかやろうとすると、こういう素人向け参考書が本屋にはもう置いてなかったりするので要注意。
*3:時々勘違いしてる人いるけど、OEM版のOfficeもアップデート買えばパッケージ版と同等のライセンスになるので他のマシンでも使えるようになりますぜ。
*4:なおUSではCyber Mondayのセールで40% Offであったが おま国
*5:一応インストールもできたし、動作もOKっぽいけどね。