Not only is the Internet dead, it's starting to smell really bad.:2010年10月分

2010/10/15(Fri)

[NetBSD] よしわかった説明しよう、これは NetBSD/arcだ

われらが 曽田さん2010年度日本OSS貢献者賞受賞、おめでとうございます。
*BSDで初の受賞者ですかね、NetBSD!NetBSD勝ちました!

「ご意見番」つーと「BSDマガジンはまず曽田さんに肉を食わせるべき」の名言をして推して知るべし
みんなも gxemul で NetBSD/arc 動かしてお祝いの send-pr を送りましょう(ぉ

2010/10/16(Sat)

[pcc] ホンヤクノツヅキヲスルノデス

その3ですお。

今回もこれまでに増して手抜きなので苦情は(ry

単項式ノード。これらのノードはみな n_left ポインタを持ちこれにはツリーがぶら下がります
	COMPL
		左辺ノードをビット単位で補数です。 (*1)
	UMUL
		間接参照をします; C言語の * オペレータです。

	UMINUS
		左辺ノードの否定です。(*2)

	FLD
		ビットフィールドを参照するツリーです。
		n_rval - PKFIELD() でサイズとオフセットの情報を詰め込みます。
			 取り出すには UPKFSZ/UPKFOFF です。

	SCONV
		スカラ(*3)変換;  スカラ型へキャストします。

	PCONV
		ポインタ変換; ポインタ型へキャストします。

	UCALL
		関数呼出で引数なしです。関数のアドレスは左辺ツリーです。

	UFORTCALL
		フォートランの関数呼出です(引数なし)。

	USTCALL
		関数呼出で、構造体を戻り値(*4)として返し引数はありません。
		n_stsize (2) - 構造体のサイズ
		n_stalign (2) - 構造体のアライメント

	STARG
		関数の引数は構造体です。
		n_stsize (2) - 構造体のサイズ
		n_stalign (2) - 構造体のアライメント

	FORCE
		戻り値をレジスタにあわせます、通常はすでに
		clocal() の中で実施済みです。

	GOTO
		ラベルに跳びます。左辺ノードは数値定数です。

	FUNARG
		関数で引数は構造体以外の何かです。

	ADDROF
		ある要素のアドレスです、これはC言語の & オペレータと同じです。

訳注:
	*1 … C の ~ です
	*2 … C の ! です
	*3 … あなた疲れてるのよ
	*4 … 今夜も夕食は戻りカツオでした、毎週末食ってる気がする。

今日はこれだけ!

2010/10/29(Fri)

there was a boy