The Man Who Fell From The Wrong Side Of The Sky:2010年1月15日分

[最新版] [一覧] [前月] [今月] [翌月]

2010/1/15(Fri)

[NetBSD] editline(3)

@ libeditとは?

NetBSD libeditGNU readline互換ライブラリで、以下のような機能を提供します。

NetBSDではsh(1)にmail(1)、そしてftp(1)などが使用しています。

@ libeditの現状

このライブラリはつい最近まで国際化されておらず、multibyteの扱いに難があったのですが
GNU readline 6.0でmultibyte supportが入ったことにインスパイヤされたのか
去年の暮れに UTF-8サポートしたよという知らせが。

これはへんたい喜ばしいことなんですが、いろいろと実装に問題のあるコードでして。
国際化はUTF-8にまかせろー(バリバリ)」ときたら「 やめて!」と返すしかありませんやね。

私もざっと問題点を 指摘したメールを投げまして、commitしたえらい人と 面接しまして

「特技はI5N(イオナズン)とありますが?」
「いいえ。I18Nです。」
「I18Nとは何のことですか?」
「国際化です。」

(以下略)

という流れになり、私が書き直すことになりましてん。

ぼちぼちコード読みはじめたとこなんですが、どうせならその過程でもネタにしてみようかね、と。
いきなり全部の解説は無理なので、ディアゴス○ティーニ方式で。


[ホームへ] [ページトップへ]