I know I believe in nothing but it is my sweet nothing.:2009年12月26日分

2009/12/26(Sat)

[C1X] JTC1/SC22/WG14ォチ

@

いつものJTC1/SC22/WG14を生温かく見守るネタ。

  • On The Removal of gets()
    libc界の悪夢ついに切除か(東スポ風味)。
    これまでC89(C90) -> C99ではシンボル増えることはあっても減ることは無かったので
    今回が初のケースなのだけど、__STDC_VERSION__ > 201X なソースではgetsという名前は自由に使っておk
    という訳にはいかないはず(ABI互換のためにlibc自体にはgets残るし)なのでどうすんだろね。
    getsをC1Xでは予約語扱いにするとか?
  • Multibyte C local
    何がうれしいのか知らんけど、C.UTF-8みたいなの。互換性考えるとcompletely uselessなんだけどねぇ。
    No interest in WG14 to pursue this path.
    
    ということで立ち消え、よかったよかった。
  • C Secure Coding Guidelines
    前回非公開だったやつ。
    strlen(3)SIZE_MAXを返すケースとか、パラノイア過ぎて吹いた。
  • Apple's Extensions to C
    みんな大好きクロージャとガベコレ for C1X、なんかC1Xって現状追認と
    C++0xの尻拭いしかやることないのかと思ってたら野心的ざますこと。

@

おれ専用しおり、過去のC1Xオチ記事。