Not only is the Internet dead, it's starting to smell really bad.:2008年02月上旬

2008/02/01(Fri)

[FreeBSD] _FileRuneLocale

FreeBSDのsrc/lib/libc/locale以下久しぶりに眺めてたら、いつの間にやらCitrusと同じように

に分割してたのね。
まあこれやらんとFreeBSDは/usr/share以下にLC_CTYPEファイルを置いてるにも関わらず
sizeof(long)やendianの異なるarch間でNFSなどで共有できないとゆー大問題があったのだけども。
このへんの議論参照ね。

ググってみたら 6.0-RELEASEで対応したのね。
s/long int/int32_t/g及びbyteorder(3)でfile formatが変わってしまうので
/usr/share/locale/*/LC_CTYPEの後方互換性が失われてしまう件については無視かYO!と思ったら
ports/misc/compat5xに含まれるlibcで変更後のformatを読めるように対応して回避してる模様。
まあlibcをstatic linkしたbinaryのバヤイはこれでも葉亜駄目大(by 花輪和一)なんだがね。
FreeBSDはもういっそ/usr/libdataにするしかないだろJKと思ってたんだけどモナ。

我が身振り返るとlocale databaseやiconv databaseをMIとして/usr/shareに置いてる
NetBSDも他人事じゃないのよな、例えば以前から放置状態のTODO

あたりを真面目にやろうとした場合、iconv databaseのformat変更が必須になりそうなのよね。
format変更が必要になるのが新しく追加するCES(*.esdb)/CCS(*.mps)だけならまだしも
(実際問題、GB18030の4byte領域のサポートの時は 変更したしね)
既存のCES/CCSが使えなくなるのは青汁のようにとっても不味い。

最近はpkgsrc/emulators/compat40とかのパケージが整備されてるので
libc static linked binaryの事を忘れてしまえばFreeBSDと同じ逃げ方もできるのだけども。
実際libpthreadがらみでもうNetBSDはfull dynamicaly rootなのだから
今更statically linked binaryなんか使う奴わチネと公言する人もいるわけだし。

まあ現実問題Citrusはdlfcn(3)に依存してるのでstatic linked binaryのこたスッパリ忘れておkなのだが
DragonFlyBSDなんかはjoerg氏が独自にstatic linked binaryサポート入れてたりする事も考えると悩むな。

というわけで動いてるものは触らずに放置なわけです、はい。

linux emulationみたいに/usr/pkg/emul/netbsdにchrootするか(笑)

PHP(以下略

エミネムの8 mileとか見たほうがいいよ
ヒプホプのdis合戦のやり口を分かりやすく説明しているから

とゆーしょーもないネタしか思いつきません。
今ならオマケで2PAC、金利手数料は(ry じゃーぱねっと。

ソフトウェア開発とは関係ないけども、内輪受け+悪乗り文化圏では
空気嫁ることと自重できることはじゅーよーな資質ではあると思う。

2008/02/05(Tue)

昨日

いつのまにかpkgsrc/www/tracの依存するsqliteのバージョンが2 -> 3に変わってて 500 Internal Server Error。
MESSAGESにあるtrac-adminを使った更新方法とはまた別に
2のdbをdumpして3でresoreし直しておかないと動かなくなるとゆーことやね。

$ cd /somewhere-trac-data/db
$ /usr/pkg/bin/sqlite .dump trac.db >trac.dump
$ mv trac.db trac.db.old
$ /usr/pkg/bin/sqlite3 trac.db < trac.dump

SONY α-200だけでなく300/350を投入、しかも年内に900(仮)とな、確変キタ。
ウエストレベル的に使えるQuickLiveViewは子供や動物の撮影にいいね、デジ興味ない俺もグラグラ。
ただしLV時は細部の拡大ができんようなので、マクロ撮影時のピント確認には使えねーと叩かれそうで心配ですな。
まあそんなんデジなんだし試写した結果を拡大してチェックすればいい話なんだけどもね。
三脚使わずに手持ちでマクロ撮影したいという特殊条件(無茶しやがってAA略)もあるけど、んなケースだと

ピントの確認に細部を拡大した絵を表示 + 構図の確認用に全体の絵をオーバーレイした小窓で表示

を同時にできんとあんま意味ないし、それって可能な機種って存在しなくなくなくなくなくない?
(他社製品はあんま弄ったことないし、っつーかそもそもデジイチ持ってないのでよう知らんけど)
ならば今回はわりきってしまって光学ファインダー並みの速度を追求で正解だと思われ。

しかしNikon Fみたいな900(仮)のコーンヘッドは807siのデコパチ並に不評な悪寒。
ハンス・ムート(SUZUKI KATANAで有名なデザイナー、 α-8700iAPEX105を手がけた)カムバーック。

Minolta Hi-Matic、3台入手したうちのハーフミラー腐食のない個体をとりあえず動くようにした。
会社に向かう道すがら雪融け風景をバシバシ(レンズシャッターなのでそんな音しません)試写。

が確認ポイント、いずれも問題なさげでんな。
それにしてもTessarのシャープな絵とRokkorのこってりした色いいねえ。
逆光だとボディ内反射でゴースト出まくりだけど、まあこの時代のカメラじゃしょうがない。
オプションにD42KAという遮光フードがあったみたいなのでオクでぼちぼち探すべ。

ハーフミラーも代替品用意したので他の2台も暇のあるときに修理していく予定。
1台はスプリングの腐食が進行、レンズ傷多カビだらけコート剥げまくりで状態悪いんだけど
(なので解体の練習台に使った)まあ時間をかければ直せないこともなさそう。

Hi-Matic7とか9も欲しくなってきた俺自重。