蝉は、やがて死ぬる午後に気づいた。ああ、私たち、もっと仕合せになってよかったのだ。:2006年06月08日分

2006/06/08(Thu)

JISX0213:2004

@

実装してみた、差分はこちら↓
/distfiles/citrus/NetBSD/patch-jisx0213.gz
EUC-JISX0213、Shift_JISX0213、ISO-2022-JP-3、ISO-2022-JP-3-strict、ISO-2022-JP-3-compatibleが利用できまふ。
制限事項

  1. iconv_stdモジュールはm:n変換をサポートしないので
    Unicodeでligatureにmappingされてる文字(ex: 白丸付き数字の21~50)は変換できない。
  2. iso-2022-jp-3からiso-2022-jp-3-(strict|compatibe)に変換するとき
    ESC$(Oの文字は可能な限りESC$(Bへ変換しなければならないが、うまいこといかない。
    iso-2022-jp-3-strictなどの解説はこちら↓
    http://www.m17n.org/m17n2000_all_but_registration/proceedings/kawabata/jisx0213.html
  3. libMSKanjiモジュールのcstowc/wctocs内で拡張外字領域(0xF040-0xFCFC)に対して別csidを振るようにしたので
    iconv dataとモジュールの組み合わせがあってないと正しい変換をしない。

つーわけで1と2が解消するまでcommitできまへん。