蝉は、やがて死ぬる午後に気づいた。ああ、私たち、もっと仕合せになってよかったのだ。:2003年03月18日分

2003/03/18(Tue)

GB18030

libGBK2K.soをでっちあげてみる。
multibyte<->wide character変換の動作はおっけーそうなんだけど、
mklocale書きはじめてゲンナリ。unicodeよりでかい規格だしなぁ...

メモ
http://www.jaet.gr.jp/gb18030/

@

↓とりあえず置いてみた。テスト用のGB18030なテキスト探してくるか。
/distfiles/citrus/NetBSD/
zh_CN.GB18030.srcはGBKすら満たしてないので注意。
zh_CN.eucCN.src(GB2312)をピーコしてSWIDTH2とIDEOGRAMだけ追加した間に合わせだし。

@

iconv -f SHIFT-JIS -t GB18030 でいくらでもテストデータが作れることに気づいた(w

GBK

libGBK2K.soでVARIABLEのパラメタで動作を切替えてGBKも扱ってもいいけど、
IBM-DBCS用のmoduleもでっちあげて、GBKはCP936のaliasにする方がいい鴨。